TAW(フラクタル心理学)とは
THEORY OF AN ADVANCED WORLD

心の仕組みや、人生法則をお伝えしています。TAW(フラクタル心理学)は、この世は自分の思考の相似形の集まりでできている
(フラクタル構造)ということを発見しました。TAW(フラクタル心理学)の根底の考え方は、『思考が実現化する 100%例外なく』です。
この世界は全て、あなたの思考で創られていて、人生を決定づけるのはあなたの思考なのです。
しかし、100%と言われると納得できない方もいらっしゃるのではないでしょうか?
世の中には、運命やカルマなどのように、どうにもならないことがあるのではないかと。
しかし、運命やカルマはありません。納得できない理由は、皆さんの意識が深い心を捉えきれなかったことにあります。
心の認識には限界があるのです。自分と認識できる自分は5%、認識できない自分は95%あるといわれています。
そして、認識できない自分(深層意識)が現実を創りだすのです!!
さて、100%自分の思考で現実を創っていけるとしたら、どんな世界だと思いますか?
それは、安全で安心で、ワクワクした人生になっていきます!!
また逆に、「100%思考が現実化しているはずはない」とするとどうでしょう?
誰かのせいでどうにもならないことや、人生では予期せぬことが、いつ起こるかわからないといった、
不安な世界になっていきます!!つまり、幸か不幸かを決定しているのはあなたの思考なのです。
ですからまずは、自分の思考、思考のくせ、パターンをみつけることから始めてみてください。
1パーセントの例外も作らないことにより、人生を確実にコントロールできるようになります。
フラクタル心理学 マスターコースでお待ちしています。

三つの柱
THREE MAJOR AFFAIRS

現象
心理
一元

現象の理論(フラクタル現象学)

TAWの最大の発見は、「世界は隅々まで自分の全思考の拡大・縮小である」ということです。この仕組みを詳細に解き明かし、体系化したものがフラクタル現象学です。

心理の理論(フラクタル心理学)

一般的な心理理論は、「子ども(自分)は、親の行動あるいは性格に影響されている」と考えますが、TAWは「思考が現実化する」のですから、「親の行動あるいは性格は、子ども(自分)の
思考に影響されている」と考えます。

一元の理論

一元とは「すべては一つである」という理論です。一元という仕組みによって、思考が現実化するときに必ず「エネルギー保存の法則」が働きます。何かが生じれば、何かがなくなります。TAWは夢物語ではなく科学なのです。

心理の理論

「自分を知る」ことは「思考の現実化」を知る上で必須といえます。あなたの人生を創ったのは、あなたの思考です。
TAWプログラムでは、まず、自分を深く知ることから始めます。TAW理論は、一般の心理学で扱うレベルよりも、かなり深いレベルで心理を扱うことができます。
TAW理論は「時間」の扱いが一般の心理理論と逆になります。
一般的な心理理論は、「子ども(自分)は、親の行動あるいは性格に影響されている」と考えますが、TAWは「思考が現実化する」のですから、「親の行動あるいは性格は、子ども(自分)の思考に影響されている」と考えるのです。
自分よりも先に存在するものはありません。
TAW理論を用いれば、今までの自分の状況は、どんな心理によって作られてきたかが分かるようになります。
今までの心理理論をニュートン物理学にたとえれば、TAW理論はアインシュタインの相対性理論と言えるでしょう。

現象の理論

あなたは、過去の自分の思考がいまどこに現象化しているかを知っていますか? 
あなたが思考したことは、どこかに現象化して存在しているのです。
TAWはもともと「思考が現実化する」ことを元に、歴史や地理の相似現象を解き明かしたことを発端に生まれました。
現象を解読するのは、TAWのもっとも得意とする分野です。
TAWの最大の発見は、「世界は隅々まで自分の全思考の拡大・縮小である」ということです。
逆に言えば、世界を読みとる力があれば、あなたの深層心理を隅々まで読みとれるのです。
TAWはあなたの思考の量を、五感というバロメーターで量ります。
それによって、あなたの思考が今どのくらい現象化しているかを知ることができるのです。
現象のレベル分解図

現象のレベル分解図

外世界
同心円1 読むまたは聞くなど間接的な一感覚を使う世界
(人の話、本などの世界)
同心円2 見て、聞くなどの間接的な二感覚を使う世界
(テレビの世界)

内世界
同心円3 見る、聞くなどの直接的な一感覚を使う世界
(自分の周りの世界)
同心円4 見て聞く、触る、味わうなどの直接的な二感覚以上を使う世界
(親密な世界)

一元の理論

一元とは、「すべては一つである」という理論です。
心理の探究によって、あなたは、自分が変わることで世界を変えることができると体感するでしょう。
そのとき、あなたは、あなたが体験する世界は、必ず「エネルギー保存の法則」に縛られるということにやっと気づくでしょう。
何かが生じれば、何かがなくなります。
これは、世界が閉宇宙であり、一元である証拠です。この世に生と死があると思えるのも、この一元の仕組みから生じているのです。
人生のシナリオを書くのはあなたですが、必ずエネルギー保存の法則に従わなくてはなりません。
TAWはその法則を教えます。それに反することなく、それを利用して、あなたの現実を変えていくのです。
未然の出来事の現象化

未然の出来事の現象化

同心円4では±0となった出来事も、拡大するにつれ現象化して見える。
世界をどう見るかで、自分の中のまだ現象化していないエネルギーの比率を見ることができる。TAWにはこのような緻密な理論があるので、心の中を詳細かつ客観的に見ることができる。